荷物運びやさんポーターと、靴のこと

ネパール トレッキング

代理店でトレッキングを申し込むと、荷物運びにポーターは要りますか?と聞かれる。
街で(個人的に)頼めば、700rps/日(700円)らしい。
(代理店で頼んだり、山へ行ってから頼むと値上がりする。)

ネパール式なんで、もちろん頭で運ぶ。
街で物を運ぶおばちゃんの写真

トレッキングのポーターは15kg 時には20kgとか運ぶらしい。
トレッキング客の荷物、食料を運ぶ意外に、
トレッキング客の子供を運ぶポーターも見た。

ちなみにこちらは、建築用の資材と思われる。
IMG_6722b.jpg

今まで見た中で一番大きい。
IMG_6724b.jpg
すばらしき体力。

IMG_6723b.jpg
後ろ姿が何気にかわいい。


写真でも分かるように、彼らは非常に軽装。
もちろん慣れているというのもあるけれど、
さすがに3000m4000mの登山道でサンダルというのはどうなんだろう。
日本のような歩きやすい道ではないし、雨も降れば、雪も降る。

荷物運びの彼らは、お金が手に入っても、養う子や家族に仕送りやらで、いい靴はとうてい買えないらしい。
もしトレッキングシューズがいらないなら、ポーターにあげるといい、と知人に言われた。


日本では最近とても安く靴が手に入るので、要らない靴はすぐ捨てる。
昔は子供もすぐ足が大きくなるけど、お下がりの靴をよく履いたような気がする。最近では安いのですぐ捨てているような・・。


こちらでは子供は裸足だ。
靴は壊れたら、もちろん治して履く。


日本の要らない運動靴を集めて送ってあげたいのに・・と思った。
しかしそれには 輸送費がばかにならない。

お金を集めたら集めたで、どうなんだろう・・

靴の寄付の話を、宿のオーナーに相談すると、
ネパールの寄付や募金の悲しい行く末の現状を教えられた。

ベトナムでもそうだった。
実際に、日本からの多額な寄付金によって、ひどく傲慢になってしまった しょうがい者 も見た。


本当に本当に信用できる団体を探すか、自分で最後まで見届けるのがベストなのだろう。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海外一人暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © のどかな日々 ~東南アジアを風来坊~ All Rights Reserved.